こたえはすべて、あなた自身の中に


どんな人も、本当に必要なこたえは自分自身の中に持っています。


スピリチュアル的には『なんでも知っているもうひとりの私』や『ハイヤーセルフ』と言いますが、私はこれをそんなに特別なことではなく、無意識の中にある生存本能のようなものだと考えています。


でも、多くの人はその『なんでも知っているもうひとりの私』と対話する方法を知らなかったり、悩みの最中にいるときは視野が狭くなるために無意識の部分が見えなくなっていたりするのです。


そんなときにはまず、本を読んだり、友達と話したりしていろんな価値観に触れてみることが役立ちます。人は自分の鏡、とはよく言いますが、相手と対話することで自分の本当の気持ちが見えてくるものだからです。


そしてそれでも、どうすればいいかこたえが見えてこないときは、心のナビゲーターとしての仕事をしているプロに頼ってみましょう。

カウンセリングやセラピーは、『なんでも知っているもうひとりの私』を引き出すためのきっかけ作りの場なのです。


最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな

自己肯定感が低い人は、基本的に『減点方式』で物事を捉えるため、完璧主義です。 そして完璧主義をこじらせてしまうと、挑戦ができなくなります。 挑戦とは『今の自分ではできなそうなことをやる』ときに使われるものですから、できないことをやれば失敗することの方が多いのは当然のはず。 しかし、物の見方が減点方式だと、失敗する(=減点される)ことが怖くなり、身動きができなくなってしまうのです。 そしてこういう人