なかなか変われない人<4> -依存心が強い

更新日:2018年12月20日


生きづらさを感じながらも変われない人のパターン、最後です。


4.依存心が強い人。

奇跡を夢見るタイプの人は、楽して変われると信じています。

それほど自分の力(運の良さ?)を信じているのは良いことのようにも思えますが、大変なことから目をそらして現実逃避をしやすい人と言えるでしょう。


このタイプの人は自分に甘く、他人への依存心が強いので、足りないものや、相手がやってくれないことに対しての不平不満が多くなります。

自分に物事を変えられる力がないと思っているために、他人に過剰な期待をします。

自分の努力に見合う以上の貪欲さを持つ一方で、現実ではそれが満たされないことに傷ついたり苦しみ、生きづらさを感じるのです。


つまりこのタイプの人の生きづらさとは、『自分の望むようになってくれない他人や世界』であり、子供っぽい思考回路を引きずったまま大人になってしまった…ある種の適応障害のようなものと言えるのかもしれません。


このタイプが生きやすく変われるかどうかは、本人の精神面の成長に委ねられています。

カウンセリングでは、他人依存の考え方を修正するところが最初の一歩かと思いますが、その依存心ゆえに「すぐにカウンセリングの効果がでない」と言ってクリニックやカウンセリングを転々と変えやすいタイプでもあるのが悩ましいところです。

最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな