カウンセリングの役割

更新日:2021年7月26日


カウンセラーというのは、クライアントのお話を『聞く』のがお仕事です。

医療機関だろうと、民間だろうと、この基本スタンスは変わりません。

一方で、お薬を出すのは医者のお仕事です。心療内科や精神科では受診すれば処方箋を出してくれますが、カウンセリングの一環でお薬を出すことはありません。


「カウンセリングを受けたけど、話を聞いてくれるだけで具体的なアドバイスはほどんどもらえなかった」

「心療内科に行ったけど、薬を出されただけでじっくり話を聞いてくれなかった」

これはカウンセリングと医療機関の役割の違いなのです。

とにかく話を聞いて欲しいという人が医療機関に行っても、望むような対応は受けられないでしょう。


一般的なカウンセリングでは、クライアントさんのお話を聞くことで『本人が自分で問題の答えに気づくこと』を促します。

本人の自主性を尊重しますので、カウンセラーの方から具体的なアドバイスはほとんどしません。

カウンセラーが「こうしなさい」ということは、クライアントさんの自主性を奪うことになるからです。


もし具体的なアドバイスが欲しいと思うのであれば、認知行動療法を行っているところを探してみるのも良いかもしれません。



「話を聞くだけだったらカウンセラーじゃなくて友達でもいいのでは?」≫


#カウンセリング #心療内科

最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな