自信はどこからくるもの?



自信とは、どこからくるものでしょうか。


「他人に褒められると自信が持てる」という人は多いと思いますが、これは言い換えれば「誰かに褒められたから、私は自分を信じることができます」と言っているようなもの。

これ、ちょっと変だと思いませんか?


もっとライトな例えだと「他人が薦めてくれたからきっと良い商品に違いないので、高いけどとりあえず買います」という感じでしょうか?

もちろん、他人にお薦めされて買うこともあるでしょう。

でもそれは、他人に薦められなければ買わない程度のものだったのかもしれません。


他人からの評価に一喜一憂してしまう人は、自分の価値さえ他人に決められてしまうのを良しとしてしまっています。

そんな人が自分を信じ、安定した自信を持ち続けることはできるでしょうか?


揺るがない『自信』は、自分が自分を信じることでのみ作り出せるものです。

一方、他人に与えてもらう称賛は一時のモルヒネのようなもの。定期的に与え続けてもらわないといけないようなものは、あなたを強くしてくれる自信にはなりえません。


他人に褒められるためではなく、自分のためにやったことだけが本当の自信になります。


自信は幸せに生きる上で必要不可欠なものです。

心が不安定になりがちな人こそ、自信を自給自足できるといいですよね。

褒めてもらいたいのなら、自分で自分を褒めましょう!

最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな

自分の都合だけで他人を振り回す人っていますよね。 ここでは自信満々で突き進むタイプの人ではなく、 一見とても自信なさげなのにやってることや言ってることはとても身勝手…というタイプの人への対処法をご紹介します。 本人は「自分はみんなの割をくっている、我慢している側だ」と思っているのがやっかいなこのタイプ。 身勝手な自覚はありません。 俗っぽい言葉でいうといわゆる『メンヘラ』のタイプです。 自分は弱者