HSPの人が『楽に生きる』ための方法

HSPとは?

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、産まれながらに『感受性の強い』気質を持っている人々のことです。人口の20%程度がこれに当たると言われています。

 

HSPの問題点

 

アンテナの感度が高いために、感知しなくていいようなことまでキャッチして、情報処理しようとしてしまう。

→あらゆる刺激に弱くストレスを感じやすい、疲れやすい。

 

 

生きづらさを抱える敏感で繊細な自分を「こんなんじゃダメだ」と否定してしまいがち。

→自己肯定感が低く、鬱病になりやすい。

 

繊細さゆえに傷つくのが怖くて思うように行動できない。

→自分らしさというアイデンティティを見失いやすい。

心身の不調をHSPのせいと思い放置する。

→鬱やほかの病気の可能性を見過ごしやすい。

 

HSPの生きづらさ緩和対策

 

HSPは生まれ持っての気質なので、治すことはできません。

ですから、人一倍感受性が強くても『楽に生きること』『ストレスを減らして生きること』こそが、HSPにとっての重要なテーマといえるでしょう。

HSPは刺激過多で疲れてしまうわけですから、まずは物理的な刺激を減らしましょう。

そして、自分のリズムを知り、こまめな休息で溜まりやすい頭の疲れをリセットをすることが大切です。

 

目から入ってくる情報をシャットアウトする

情報の9割は目から入るものと言われています。テレビやネットを見る時間を減らし、目を休めましょう。

シンプルで整頓された暮らしのように、必要最低限しか部屋に物を置かないようにすると、余計なストレスが減ります。

1.

ネガティブな人や情報を遠ざける

ワイドショーやニュースには、ネガティブな情報がたくさん含まれています。グチの多い人や噂好きの友人もネガティブな情報の宝庫です。

ネガティブな情報を出す対象とはできるだけ距離をおきましょう。

周囲の生活音が不快な場合には、騒音対策のイヤマフなどを利用するのもおすすめです。

2.

季節の変わり目などは無理をしない

四季のある日本で暮らしているかぎり、気候の変化を避けて通ることはできません。

気候の不安定な時期はあらかじめ最低限の予定しか入れない、健康に気を使う、薬や羽織ものを常備するなど、不調になりやすいことを前提に過ごしましょう。マスクは嗅覚過敏の人には必需品です。

3.

身体にとって心地よい服を選ぶ

HSPの人は肌に触れる素材にも敏感です。

デザインも大切ですが、毎日着るものはできるだけ着心地重視で選ぶことが大切。

特に、職場などストレスが溜まりやすい場所では、できるだけ不快感のない、身体をしめつけない服や着てて楽な服を選びましょう。

4.

こまめに自分を休ませる

HSPは人といることで疲れやすい傾向があります。それは相手が仲の良い人であっても同じ。立て続けにお誘いを受けてその反動でぐったりしてしまうぐらいなら、適度にお断りする勇気を。

忙しい日が続いたときは、積極的に引きこもって疲れた神経をリセットしましょう。

5.

アウトプットする

頭の中で考えすぎてしまう人は、その分外にアウトプットことで心のバランスが良くなります。自分の内面を表現する趣味などは、HSPの人にとってよいストレス発散になるはず。

また、HSPに理解のある人に話を聞いてもらったり、カウンセリングを受けてみるのもおすすめ。日記をつけるなど、頭の中のことを文字に書き出してみるだけでもいいでしょう。

6.

受信チャンネルが多いから、いろんなことが辛いし生きづらい…

私は敏感だから弱くてダメだ…

受信チャンネルが多いからこそ、「何を受け取るか」「どう生きるか」は自分の意思で選ぶ!

自分に合ったストレス対策
自分に合った働き方
自分に合った付き合い方
自分に合った生活環境
HSP
(繊細さ、敏感さ、感受性の高さ)

HSPを理由に『生きづらさ』や『自己否定』に捕らわれない生き方

情報が溢れ、あらゆる刺激が多すぎる現代社会においては『いつも元気で、鈍感力があって、多少のことではめげない、誰とでもうまくやれるコミュニケーション能力が高い人』が好ましい人とされています。

その正反対をいくような『疲れやすくて、敏感で、傷つきやすく、人の考えていることや気分に引っ張られやすい人』であるHSPにとっては、今の世の中はハードモードです。

でも、『敏感だからダメ・弱い』というわけではありません。

HSPを気質として持っている人も、それだけがその人のアイデンティティを作っている要素ではないはず。

社会に求められるタフなイメージとの落差に落ち込み、自己否定しているだけでは心を病んでしまいます。特に「HSPだからといって甘えてはいけない」と無理を重ねる、自分に厳しいタイプの人は注意。

(「私はどうせHSPだから…」と自分の弱さへの言い訳にするタイプの人は、意外とたくましいものです!)

HSPという土台があるのなら、それをきちんと理解した上で、ほかの自分らしい要素と調和させていくための方法を見つけていきましょう。

HSPが生きやすくなるためのポイントは、繊細さは繊細さとしてまず受け入れ、【周りの世界と調和していけるような自分らしい生き方を、選択的に作り上げていくこと】。

生まれもった気質に振り回されるのではなく、受け入れて共存していくこと。それができる人こそが、本当の意味でタフな人といえるのだと思います。

 

HSPとして『タフに生きる、自分を好きになる』ためのカウンセリングセラピー

アフロディーテワーク(90min×3回/20,000円)

▶アフロディーテワークの詳細はこちら

© 2018 Aphrodite.work

  • LINE__typeB
  • White Twitter Icon

お友達登録でクーポン配信中