ゲシュタルトの祈り

『ゲシュタルトの祈り』は、精神科医でゲシュタルト療法の創始者であるフレデリック・パールズの詩です。

書いてある内容は、当たり前といえば当たり前のことなのですが、こと人間関係で悩んだり苦しむことの多い人にとってはハッと我に返らされるような、シンプルで力強い言葉だと思います。

特に最後の一文は少し解釈が難しいかもしれませんが…

もし『出会えなかった(出会えても関係がうまくいかなかった)』としても、一人一人がみな自分の責任と判断のもと自らの人生を生きているならば、それも『偶然の必然』の結果なのでしょう。

Aphrodite workのセッションにおいても『私は私、あたなはあなた』を基本原理としています。

他人の期待に応えることに必死になっていたり、他人が自分の思うように動いてくれないことにイライラしてしまう人は、ぜひこの祈りの言葉を思い出してください。
 

I do my thing, and you do your thing.

I am not in this world to live up to your expectations,

And you are not in this world to live up to mine.

You are you, and I am I, and if by the chance we find each other, it’s beautiful.

If not, it can’t be helped.

私は私のために生きる。

あなたはあなたのために生きる。
 

私は、あなたの期待に応えるために生きているのではない。

あなたも、私の期待に応えるために生きているのではない。

 

あなたはあなた。私は私。

縁があって私たちが出会えたのなら、それは素敵なことだ。

 

もし出会えなくても、それは仕方のないことだ。

© 2018 Aphrodite.work

  • LINE__typeB
  • White Twitter Icon

お友達登録でクーポン配信中