行動できない人


やる気はあるのに行動に移せない、という人はたくさんいます。


そんな人は『それをやるメリット・デメリット』と『それをやらないメリット・デメリット』を書き出してみるのがおすすめです。


私たちは【行動しないメリット】や【行動するデメリット】のほうが大きい状態では、意思の力だけでは動けません。

 

1)行動するメリット>行動しないメリット

2)行動するメリット>行動するデメリット

  →行動する

3)行動しないデメリット<行動しないメリット

4)行動しないデメリット<行動するデメリット

  →行動しない

 

行動できない人は(3)や(4)の状態になっています。


例:肥満気味で運動不足だけど運動できない

 3)やせない<楽できる

 4)やせない<疲れる

この人にとっては「楽したい、疲れることは嫌」という気持ちが、「やせない」ことよりも重要だから行動できないのですね。

これを(1)や(2)の状態、つまり【やせる>楽できる】【やせる>疲れる】となるように、「やせたい」という気持ちが「楽したい」という気持ちを上回れば行動できるでしょう。


【行動するメリット】と【行動しないデメリット】をたくさんみつけてみてくださいね。

最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな

自分の都合だけで他人を振り回す人っていますよね。 ここでは自信満々で突き進むタイプの人ではなく、 一見とても自信なさげなのにやってることや言ってることはとても身勝手…というタイプの人への対処法をご紹介します。 本人は「自分はみんなの割をくっている、我慢している側だ」と思っているのがやっかいなこのタイプ。 身勝手な自覚はありません。 俗っぽい言葉でいうといわゆる『メンヘラ』のタイプです。 自分は弱者