ネガティブな身勝手さんへの対処法

自分の都合だけで他人を振り回す人っていますよね。


ここでは自信満々で突き進むタイプの人ではなく、

一見とても自信なさげなのにやってることや言ってることはとても身勝手…というタイプの人への対処法をご紹介します。


本人は「自分はみんなの割をくっている、我慢している側だ」と思っているのがやっかいなこのタイプ。

身勝手な自覚はありません。


俗っぽい言葉でいうといわゆる『メンヘラ』のタイプです。


自分は弱者側だからこそ「恵まれてる人や幸せそうな人たちは私に合わせるのが当然」と思っていたりします。


特に優しい人や親身になってくれる人をターゲットにして、相手の都合や自分のためにかけてくれている労力などを一切考えることもなく、身勝手な振る舞いを繰り返します。


周りを振り回すことで、自分の無価値感を埋めようとしているのです。


さらにこういう人たちの根本には『見捨てられ不安』があるので、身勝手さはためし行為によりエスカレートしていきます。


石橋を叩いて、それでも信用できずに、壊れるまで叩き壊す人です。


実際は、そのように自分の不安を埋めるために身勝手に振る舞うからこそ見捨てられてしまうのですが…


せっかく親身になってくれていた相手が呆れて離れていくまでやってしまうので、周りには親身になってくれる人間関係が残りません。

こうやってネガティブな身勝手さを繰り返し、エスカレートさせてしまうのです。


こんなタイプへの対処法は『境界線を決めて、身勝手な要求に関してはきちんと突き放す』ことです。


冷たいとなじられても、脅されても、一貫した態度を取り続けること。

相手はこちらをコントロールするために『怒り』や『罪悪感』や『同情』などネガティブな感情を使ってきますから、それに乗せられて態度を変えてしまうと相手の思うツボです。


このタイプのネガティブな身勝手さんに振り回されてあげることは、長い目でみれば本人のためにもなりません。

相手のことを思うなら毅然とした態度を取り、「そのやり方ではあなたを大切にしようとは思えない」と態度で教えてあげることが大切です。

最新記事

すべて表示

自己肯定感の低い人は(たとえ自信満々な振る舞いに見えていたとしても)いつもどこかで「自分だけが損をしている、自己犠牲を払わされている」という被害者意識に縛られているものです。 この人たちはアダルトチルドレンであることが多く、(無意識にでも)自己犠牲を払って『幼稚で傲慢な親』に搾取され続けてきたという経験を持っていたりします。 そんな人たちがカウンセリングによって「もう自分はあの頃の無力な子供ではな